ドッグフードを考える

一昔前までは人間の残飯などを与えていましたが、最近では多くの人が愛犬に対してドッグフードを与えています。
スーパーやホームセンター、ペットショップなどで販売されているドッグフードは用途に応じて使い分けることができます。
カリカリの乾燥した固形のドッグフードをドライフード、缶や真空パックの袋などに入っている柔らかいウェットタイプのドッグフードも人気があります。

犬によって好みが異なりますので、自分の愛犬はどちらのドッグフードが好みかを飼い主が見極める必要があります。
ドライフードは水分が6%から10%程度に抑えられる特徴があります。
ウェットタイプでは60%から90%という多めの水分が含まれるので、全く違った味わいや食感となります。
これらのドッグフードはカロリーをしっかり計算できますし、犬に最適な栄養素も豊富に含まれているので、犬の健康面を考えれば病気や肥満を防ぐためにも計画的にドッグフードを与えてあげることで、愛犬と末永く一緒にいられることに繋がっていきます。

最近ではインターネットでも様々なドッグフードが販売されているので、より愛犬が好みのものを買いやすくなりました。
ドッグフードを与える前にどのようなドッグフードなら美味しく食べてくれるかを考えましょう。
当サイトでは正しいドッグフードの与え方をご紹介しています。
愛犬に美味しくご飯を食べてもらい健康で長生きできるドッグフードの与え方を知りましょう。